2024年5月3日

調光レンズは、いまが「買い時」!

GWいかがお過ごしですか?
日差しが気持ちいい時期ですよね。
もうご存知だと思うのですが、この時期、紫外線量は年間のピークに向けて爆上がり中なんです。
というわけで、昨年は8月に当ブログでご紹介したのですが、今年はタイミングを早めてこの時期に「調光レンズ」をご紹介&おすすめいたします。

調光レンズの基本

まずは、調光レンズの基本をご説明します。
紫外線に反応して、ほぼ無職透明なレンズに色がついて、つまりはサングラスに早変わり。室内に入るなど紫外線が少ない環境になると色が抜けて、またほぼ無色透明のレンズに戻るんです。
つまり、「メガネ+必要な時のサングラス」の2役をかなえるレンズ。それが調光レンズです。

調光レンズの進化=スピード

外見からは分かりにくのですが、レンズは着々と進化しています。もちろん調光レンズも例外ではなく、進化を続けています。
調光レンズの進化の中で、特に注目していただきたいことは2つ。

まず、着色・退色のスピードアップ。メーカーや種類そして使用環境にもよりますが、大体1分前後で着色完了。退色のほうも数分で完了。「まだかな〜」のストレスを感じることは、たぶんありません。このあたり、過去のYouTube動画をご覧いただくと分かりやすいと思います。

調光レンズの進化=バリエーション

もうひとつ注目していただきたい進化は、バリエーション。
まず「可視光調光」のタイプが加わりました。
波長が短い可視光線にも反応して色がついたり戻ったりするレンズです。
それ、何かメリットがあるの?
はい、もちろんあります!
例えばクルマの中。いまのクルマのガラスはUVカットが当たり前。つまり紫外線が遮られた環境なんですね。でも眩しい光はしっかり届く。光まで遮っちゃうと安全面で問題ありますからね。そうすると、従来の調光レンズの場合は、「眩しいけど紫外線が少ないから、色が濃くならない」という状況になるわけです。可視光調光レンズなら、こうした問題もクリアできます。クルマの運転が多い方にとっては…函南・沼津・熱海近辺の方の多くがそうだと思うのですが、可視光調光レンズというバリエーションの登場は、すごく嬉しいことだと思います。

そして、バリエーションといえば、もうひとつ。
ミラーコート仕様が加わりました!
ミラーレンズ、ご存知ですか? レンズ表面に鏡のような反射加工を施したもので、スポーツ用のサングラスでは定番です。ギラギラしているイメージがあるとしたら、それは半分正解。ギラギラした感じになるのは、レンズのベースカラーが濃色だからなんです。
では、レンズがほぼ無色透明だったらどうなるかというと…。「ギラギラ」というより「キラっ」や「ツヤツヤ」。相手からは目元が見えて、そこに「キラっ」や「ツヤツヤ」が加わる感じ。艶やかな目元。これ、女性の皆さんにとっては大きなメリットになると思います。

というように、調光レンズはスピードアップ&可視光調光で、より便利に。ミラーコートの追加で、選ぶ幅も広く。つまり「いまが買い時」なアイテムなんです。

最後に、大事な情報を

通常の透明なレンズでも、UVカットのコーティングが施されていれば、紫外線はカットできるんです。
じゃあサングラスや調光レンズは、何のため? 眩しさを軽減するためとご理解ください。
一定の年齢を超えると、誰もが眩しさを強く感じるようになるんです。そのほかにも様々な眼科疾患のリスクが、年齢とともに高まってきますよね。そうしたリスクを軽減するために目の保護を。
となると紫外線はもちろん、必要に応じて眩しさを防ぐことも重要だと思うんです。
だから、必要に応じてサングラスを。さらには、必要な時だけ自動的にサングラスになってくれる調光レンズが、より便利というわけです。
サングラスを買ったけど、掛け替えの手間があるから、登場機会が少なくて…なんてこともなくなるわけです。

一日中、室内も屋外も車内も、1本のメガネで過ごすことができて掛け替え不要。いろんな進化があって、いまが買い時。そんなわけで、調光レンズを強くおすすめします! どうぞお気軽にご相談ください!!